2004年07月01日

リスタート

no-title

新幹線の中での深い眠りと、コーヒーがぶ飲みのせいで、昨夜は2時半まで眠れなかったが、何とか7時には目が覚めた。

そして久し振りの地元での出社。
正直緊張しました。_| ̄|○

荷物は先に届いていたので、荷解きとパソコンのセッティング。
懐かしい顔達が、自分の席の周辺に並んでいる。

午後からは、企業文化の社員浸透セミナー。
やれやれ、ウチの会社が一流になるには、道が遠い。
でも、久し振りに同期と喋れて楽しかった。

それから、土産物を配って、早速帰宅。
本当の意味で、骨休め。

すると、大学の同期から電話が掛かってきた。
彼は、今日から転勤転職先での初出社で、なかなかのプレッシャーだったらしい。でも、彼には頑張ってほしい。それだけの素質を持ち合わせているのだから。

するとその電話で、同じ大学の後輩に電話を掛けてやってほしいとのこと。もともと、東京に居る時に、遊びに来ると言っていたけど、実現しなかったので、電話してみることにした。

そしてそれが、長電話と久し振りに彼女を泣かしてしまうことの始まりだった。
事実、彼女は焦っていた。
不安もあった。

この前僕の長い話を聞いてくれて、救われたので、今度は僕の番だったけど、逆にお返しのつもりがヘコましてしまった。

そう、らしくない彼女は、僕も彼女自身も好きじゃなかった。

結局、2時半くらいまで話が続いて、彼女は明日も仕事があるからそこで終わりにした。
僕は、金曜を休みにしていたので、申し訳なかった。

やれやれ、今日はPreminiの発売日。
気が付けば、自分のノートパソコンの壁紙が、VAIO ANNIVERSARYを表示している。
そして、また新しい門出でもある。
posted by Blue Rattler at 00:00| 大阪 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
転勤じゃなくて、転職なんだけどなぁ。

しかし、君がホームページを更新していると気づくまでに3ヶ月もかかってしまった。
冷やし中華と同じぐらいの感覚で、「blogはじめました」って連絡があってもおかしくないと思うのですが、いやはや。友達甲斐のない奴だ。

それにしても、彼女ができた途端に更新が止まるとは、わかりやすいな。君らしくて素敵だ。
Posted by それだけの素質の持ち主 at 2004年10月27日 23:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
RSS取得
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。